デスクワークにルテイン

デスクワークにルテイン

 

デスクワークをするようになってから、目の疲れによる吐き気や頭痛をすごい感じるようになってきました。
昔から、目は使い過ぎると、頭痛や吐き気が出るから、ほどほどにしなって、上司に言われていたけど。
本当に自分の体に起きるとは思いませんでした。
もう、目の痛みからの頭痛って、本当に辛いですね!
目の奥も痛むし、脳がガンガン叩かれているような痛みもあるし。
こんな症状を抱えながら、仕事をするのは無理だと思いました。
少しでも良くなれば儲けものって軽い感じで、コンビニで売っていたルテインを買ってみて、数日間しばらく使っていたら、偏頭痛や目の奥の疲れが取れるようになりました。
ルテインを使う意味は人それぞれだと思いますが。
私の場合は、この厳しい頭痛がなくなっただけでも、ルテインを使った意味があると思いました。
頭痛が長く続くと、やっぱり座っているだけでもきついです。
そのまま画面を見つめていると、吐き気がしてきて、食欲が落ちてしまいました。
最初は、食中毒かなって思ったくらい。
すごい体調が悪くなってしまうので、仕事どころではなくなってしまいました。
やはり健康な体でないと、バリバリ働くことも難しいですよね。
健康は大事ですね。

 

 

眼精疲労の改善にルテインサプリメント

 

ルテインサプリメントを使うことで、最も大きなメリットといえるのが眼精疲労の改善だと思います。
ルテインを使う意味は、私の場合は、眼精疲労による頭痛の緩和です。
昔は眼精疲労なんて感じたこともありませんでしたが。
つい最近になってから、目が疲れると、目の奥がびっくりするくらい熱を持って、痛むようになりました。
最初は何か悪い病気かなって思いましたが、目薬を差しても改善せず。
次第にどんどんと頭に響くような頭痛に変化していきました。
それが、目の疲れが酷い時に限って、よく出るようになったんです!
まさかこんなに目の疲労から、頭痛が生じるようになるとは思いませんでしたね。
でも、周りの人に言ったら、「それ、絶対に危ないよ。
ルテイン飲んだほうが良い」と言われて、急いでドラッグストアに売っていたルテインサプリメントを飲むようになりました。
不思議なことに、ルテインサプリメントを続けるようになってからは、眼精疲労による頭痛がなくなったような気がしました。
頭痛がなくなっただけでも、私にとってみればルテインを飲んだ意味があったな〜って思いました。
やっぱり、ルテインは、頭痛が酷い時には、飲んでみると症状が軽くなるのでおススメです。